07.06.2021

「Dying Light: Hellraid」に新たなストーリーモード「The Prisoner」が登場

「Dying Light: Hellraid」に新たなストーリーモード「The Prisoner」が登場

Dying LightのダークファンタジーDLC「Hellraid」が無料コンテンツでさらに拡張されます。今回の追加では新たにストーリーモードが実装され、新エリアや新武器のほか、数々のビジュアルや技術的な向上によってダンジョン系ホラー体験をさらに強化。アップデートはすべてのプラットフォームで対象です。

ストーリーモードで展開される物語の中で、プレイヤーは力を持った謎の魔法使いルーシャスを捕らわれの身から解放すべく、バアルの神殿の悪がはびこる深部へと足を踏み入れます。当モードには「クラビスストーン」、「幽閉」、「封印の下に」の3つの新しいクエストがあり、すべて協力モードでプレイ可能。また新しいロケーションや、シールドを持った恐ろしいガイコツの敵が新たに登場し、プレイヤーにはこれまでとは違った攻撃の戦術が求められます。

クエストでは役立つ武器を手に入れることができます。華麗で強力な弓、「堕落したジャスティス」はHellraid初の遠距離武器。そして大型両手持ちハンマー「ボーンクランチャー」は破壊力抜群の頼れる武器です。

ストーリーモードは襲撃モードと同時にプレイすることができ、新しいプロローグの完了後も襲撃モードをお楽しみいただけます。

さらに、追加コンテンツではゲームの照明システムを改善して環境音をさらに追加し、ゲームの雰囲気が劇的に向上。また、ゲーム内アニメーションの変更、ミニマップの機能改善、インベントリの管理の追加なども実施されました。
「Dying Light: Hellraid」は現在リリースが保留されている一人称視点ファンタジーホラーゲーム「Hellraid」がテーマのまったく新しいゲームモードです。現在PCおよびコンソールにて好評販売中です。

友達とシェアしよう